Old Verification card (昔の受信証)
Verification card の説明は こちら



Radio Australia

インターバルシグナルのWaltzing Matildaと5打点方式の時報、そして何よりもKookaburra(笑い川蝉)の

啼声は忘れられません。11810KHZと言えばABCのRadio Australiaでした。


Radio Australia

Radio Australia

Radio Australia

Radio Australia

Radio Australia




Radio Sweden


Radio Sweden




Radio Canada

インターバルシグナルにはカナダ国歌の一節が流されていました。録音テープを送付したら、受信状況の

報告は Writing Report でと返事がきました。


Radio Canada




Deutsche Welle
Deutsche WelleことThe Voice of Germany 、この当時は東西ドイツ統一以前で西ドイツ放送なのです。

受信報告に付して録音テープを送ったら、技術部門から続けて送って欲しいと録音テープが送られてき

ました。


Deutsche Welleから録音依頼に送付されてきた録音テープ

Deutsche Welle

Deutsche Welle




La Voz de Los Andes HCJB

La Voz de Los Andes HCJB 「アンデスの峰を越えてお送りする・・・」で

始まる日本語放送は、今はなつかしい思い出です。放送開始に流れる「さくらさくら」のメロディーは

南米の日系の方々には母国わのことをしのばせるものではなかったかと思います。



La Voz de Los Andes HCJB

La Voz de Los Andes HCJB

La Voz de Los Andes HCJB

La Voz de Los Andes HCJB




Radio Tashkent

Radio Tashkent




Radio EL MUNDO

受信報告はスペイン語、ただし当時受信報告の用紙が日本語、英語、フランス語、スペイン語などのもの

がSWL向けに販売されていたものを購入し、Espanolの単語を並べたてて作成した記憶があります。





RAI Radiotelevisione Italiana

「大和魂を誇る日本のみなさま・・」と言うアナウンスから始まった日本語放送は遠い昔のことそれもなくなり

ましたが、その後のカナリヤの啼声によるインターバルシグナルは受信のよい目安になりました。





Radio Tahiti FR3

フランス語での放送のタヒチ、Radio Tahiti のステアナを手がかりにして苦労してのレポート作成でありました。

なかば諦めていたのですが、このカードをゲットできました。





TWR Swaziland





Radio Praha




Radio Tanzania

英語による受信報告に付して録音テープを送った覚えがあります。"Radio Tanzania Dar es Salaam" と言う

アナウンスが聞けたときは感激しました。





Radio New Zealand

ラジオ・オーストラリアと同じように海を越えて届く電波、聞こえ方もどことなく似ている。でも電波の届き

具合は良好ではありませんでした。





Radio Sofia

"This is Radio Sofia Bulugarie,  Calling Africa"と言うアナウンスが強烈に入感していたのです。

アフリカ向けの放送が良好に届いていたのでした。





Radio Station WWVH

JJY、WWVなどと同じ標準時報・標準周波数の発信局です。5MHz、10MHzなどに周波数を合わ

せると日本の標準報時局、JJYの信号が聴こえると思います。

WWVHはハワイ、カウアイ島に送信所があります。





Radyo Pilipinas




Voice of Free Korea

このカードは受信証ではなく、Eスポ現象で聴こえた韓国のFM放送をKBSと勘違いしてレポートした

ときに「あなたが聴かれたFMは東洋放送だと思われます。」として送られて来たものです。


Radio Korea
こちらは、紛れも無く韓国KBSの国際放送の受信証です。




Team Radio-Far East

済州島からキリスト教の布教目的で英語の放送がされていたHLKXです。レポートに対して「間もなく、

日本語の放送を開始する。」とあったのですがその後ここからは日本語の放送はなかったのではと思いま

す。


Team Radio-Far East




La Voz de Los Andes HCJB




Far East Broadcasting Co.

Far East Broadcasting Co.

Far East Broadcasting Co.




All India Radio





Radio RSA

「Radio RSA」のRSA とはRadio South Africaのことだと思い、なぜ

その頭に丁寧にRadioがつくのかと不思議に思っていました。その疑問が愛知万博で解けたので

す。南アフリカ館のアテンダントにベリカードを見せたのです。すると「RSAはRepublic 

SouthAfrica」だと教えてくれたのです。何年もの間、とんだ勘違いをしていたのでした。


Radio RSA




Radio Nerderland

Radio Nerderland




日本短波放送




Swiss Broadcasting Station SBC

短波放送に興味を持つことの引き金は友人がSBCのインターバルシグナルを聞かせてくれたことです。

また、受信報告への返信が素早く投函後9日目に届いたことにはびっくりしました。


Swiss Broadcasting Station SBC

Swiss Broadcasting Station SBC

Swiss Broadcasting Station SBC





NHKはかつては海外向けの放送に対する日本国内での受信報告に対しても受信証を

発行していました。しかし、その後は海外での受信報告に対してのみに対応するよう

になりました。@−Dのカードは単なるカードで受信報告に対して発行されたもので

はありません。

@NHK Radio Japan

ANHK Radio Japan


BNHK Radio Japan


CNHK Radio Japan


DNHK Radio Japan




NHK Radio Japan

このカードはオーストラリアでRadio Japanを聴いたときに受信報告をして手に入れたものです。

このカードの裏面が下のものです。残念ながら発行者のサインも発行日も記入されていません。





Nigerian Broadcasting Corporation 4990KHz 1977.4.21

アフリカ、ナイジェリア放送局からはカードではなく用紙に印刷された受信証が届きました。もう一枚には

受信レポートに対するお礼が英文で綴られていました。





Radio Habana Cuba 9525KHz 1973.5.20




北京放送 1020KHz 1956.11.24

このカードには日本語で文面が印刷され毛筆でサインがあります。文中には、受信證・お禮・當放送局など

の旧漢字が使われています。


北京放送 1020KHz




Voice of Mongolia 12085KHz 1999.3.11

受信した12085KHzと言う周波数は放送帯25mバンドの外です。





inserted by FC2 system