「食 材 野 草」Kツクシ

  これも毎年見る物なのですけど、今年初めて食べました。おひたしにしてみましたが、胞子嚢の部分
  が粉っぽかったのは、時期が悪かったのでしょうか。
  その後、キンピラが美味しいと聞いて、ゴマ油で炒めて醤油をたらして七味を振りかけて食べました
  がこれは絶品でした。お酒がとても美味しく頂けます。
  (以上は神奈川県の吉田さんからのメールでした)

  つくしは春の野原、とくに川の土手などによく生えます。ご存知のスギナの胞子をつける茎です。摘ん
  でくるのはよいのですが、下ごしらえがなかなか大変です。節の部分についている通称ハカマという部
  分を取り除くのが厄介ですね。頭の胞子嚢の部分は苦味があるので取り除いてしまう人とあの苦味がよ
  いと付けたままにして調理する人とがあります。なお、胞子嚢が開きだすと胞子の粉っぽさが食べて苦
  になると思います。砂糖醤油で煮付けてもよいと思います。

  ・蒲郡のE.Sさんから、「自然教室で食べたつくしの天ぷらがおいしく、子どもさんの評判もよかった。」
 と言う連絡を頂きました。
 
  
inserted by FC2 system