「食 材 野 草」Bタネツケバナ

 ナズナに続いてお勧めの春の野草です。春の日差しが強くなる頃に田んぼの溝などに青々と伸びてきま
  す。ステーキなどの肉料理についてくるクレソンの仲間です。独特の辛味がありますがクレソンのよう
  な強さではありませんが、ピリッとした辛さは食欲を増進させます。

・採取
  早春のまだ花の見られない時期に田んぼの溝などの湿気の多い所に生えている柔らかそうなものを採取
 します。丈の短いものは茎も硬いので調理には向きません。

・下ごしらえ
  葉:枯れた葉やゴミを取り除いて水洗いします。

・調理
  葉・茎:お浸し、生食 
  生食:クレソンのように肉料理などにつけて、生で食するのもよいと思います。生ではたくさんは食べ
  られないと思います。
  お浸し:さっと茹でて水に浸します。水気を絞って、ホウレンソウなどの要領で食べてください。

・メモ
  山地の沢の周辺などにはやや大形の種類がありますのでこれを見つけるのもよいと思います。

・私の感想
  多くはお浸しにします。セリの仲間になりますので歯ざわりはセリ風です。私はクレソンほどでない辛
  味が好きなので生でも食べます。

  
inserted by FC2 system