「食 材 野 草」Aタンポポ

  本当に身近な春の野草です。最近は西洋タンポポが増えてきましたが食材にはニホンタンポポ、セイヨ
  ウタンポポ、シロバナタンポポなどいずれのものでもかまいません。根には健胃効果があるのでキンピ
  ラやタンポポコーヒーにするとよいでしょう。

・採取
  葉は若い葉が苦味が少なく柔らかいので一番おすすめです。根も食材にする場合は一緒に掘り取って来
  ます。タンポポの仲間は葉茎根の切れ目から乳白色の液が出るので軍手など着用するとよいでしょう。

・下ごしらえ
  根と葉は切り取って別にするとよいでしょう。
  葉:枯れた葉やゴミを取り除いて水洗いします。
  根:よく洗って土を落とします。ひげ根も取り除くとよいでしょう。その上で千切りにします。

・調理
  (葉: お浸し、和え物)茹でて十分水に晒し、苦味を取り除きます。
   (根: きんぴら炒め)縦細に切って水に晒したものを使います。
  (根: タンポポコーヒー)乾燥させた根をそのままフライパンなどでいってからミキサーで粉にしま
  す。これをコ ーヒーのように用います。胃の弱い人にはよい健康飲料になります。

・メモ
  タンポポコーヒーやきんぴら炒めを作るためにはよく育った大きな株のタンポポを採取する必要があり
  ます。固い土に生えているものは掘るのが大変ですので、落ち葉などの肥沃な土地に生えているタンポ
  ポを探します。

・私の感想
  茹でた葉は十分水に晒さないと苦味が気になります。なお、ある小学校で子どもたちが葉を乾燥させて
  タンポポ茶を出してくれました。結構飲める健康茶?かなと思いました。


・蒲郡のE.Sさんから、「自然教室で食べたタンポポの花の天ぷらが苦味も無くおいしく、子どもさんの評
 判もよかった。」と言う連絡を頂きました。
 確かに、タンポポの葉も花もそのままでは苦味がありますが天ぷらにすると苦味はなくなります。花のて
 んぷらは黄色い色どりが食卓をにぎわせます。セイヨウタンポポ、ニホンタンポポのどちらでもかまいま
 せん。

  
inserted by FC2 system