ヨメナ と ノコンギク の区別



秋の野菊と言えばその代表がヨメナとノコンギクだと思います。ところがこの両者なかなか
区別がつき難い関係です。ヨメナの方はどことなく柔らかそうに見え、ノコンギクは葉も硬
くざらついている感じだと言われています。見慣れればぱっと見て区別もつくようですが、
簡単にはいきません。確実な区別の方法としては花を分解してルーペで観察することです。
花びらのついた舌状花(筒状花でもよいのですが・・)を観察すれば上の画像のように冠毛の
様子で区別できます。ヨメナの冠毛はほとんど目立ちませんがノコンギクは長い冠毛が見ら
れます。

植物図鑑などには、上記の方法が載っています。この場合だと花を分解して観察しなければ
なりません。ところが、分解しないでも冠毛の様子が観察できるのです。次の画像では上が
ノコンギク、下がヨメナです。ノコンギクの中央にある筒状花の周囲には冠毛が見えていま
すが、ヨメナにはそれらしきものは見えていません。このように分解しなくても、ルーペで
観察することで区別ができるのです。なお、花はできるだけ咲きはじめの新しいものがよい
ようです。この観察方法は、ホームページ「のこのここのこ」を参考にさせていただきました。

ノコンギク (冠毛が見えています。)

ヨメナ (冠毛は見えていません。)

inserted by FC2 system