植物豆知識の頁 21

帰化植物 Naturalized plant


悪い帰化植物の代表のように言われているセイタカアワダチソウ
 
帰化植物とは「原産地が外国で、鑑賞用に輸入して栽培していたものや

輸入穀物・飼料あるいは木材などに混じって日本に上陸し野生化するよ

うになった草花」のことです。みなさんはどんな帰化植物を知っている

でしょうか。

近年大変な勢いで広がったセイタカアワダチソウはご存知と思います。


日本帰化植物図鑑(北隆舘)によれば700〜800種類も帰化植物が

あると書かれている。日本全土を黄色く制圧するのではないかと思うほ

どの勢いでひろがったセイタカアワダチソウもその勢いをダウンして来

たようである。他の植物の成長を阻害する物質を分泌し広がるというセ

イタカアワダチソウが自らをコントロールされたようです。自然の摂理

が、こんな風にブレーキをかけてくれればよいのですが・・。在来の日

本種を駆逐されるのは困りものであります。もっとも戦後日本からアメ

リカへ土手の崩れなどを防ぐためにクズが渡り、その繁殖力がすごく電

柱や樹木に這い登りその対策に閉口しているとか。日本にも砂防のため

に海岸の斜面などにメキシコ・北米を原産とする帰化植物のイタチハギ

が見られますが、繁殖力が強く本来の生態系を破壊しかねないとか。自

然を「自然」として守ることの難しさを思います。ただ、人為的な破壊

はできるだけ避けたいものです。

※ 帰化植物を Naturalized plant と言えばおとなしいが感じがしま
  すが Plant invader と言うとまさに侵入者ですね。わが国の自然
  環境保護からは Plant invader と言う認識での対応が要るのでは
  ないでしょうか。

帰化植物について詳しく知りたい方は、農林水産省草地試験場「外来雑
草」のホーム頁をご覧になるとよいと思います。
アクセスは こちら です。
inserted by FC2 system